猫の健康

アレルギーリスクの低いフード

人にも食物アレルギーがあるのと同様に、猫にも食物アレルギーがあります。
その食物アレルギー症を引き起こす原因として多いのは「たんぱく質」や「炭水化物」です。

そのうちのたんぱく質を厳選し、良質かつ新鮮なダック肉を利用しているもの、炭水化物では良質なグリンピースを主原料にしているものもあります。
これは鶏肉やラム肉、とうもろこし、そして乳製品などにアレルギーを起こしてしまう猫たちに最適ともいえます。

また、主要な高品質のたんぱく質をひとつに絞って作られているキャットフードもあります。
小麦、コーン、大豆、そして副産物を一切使用せず、また天然成分だけを利用して、当然のように添加物や科学防腐剤を使用していないものも発売されています。
そのほかには、上質なチキン、玄米、ヒマワリ油、フラックスシードを配合しているものも出ています。

食物アレルギーは「免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に起こること」です。
アレルギーの原因物質が何か、ということを知る為に血液検査を利用するのも手です。
また、口腔内に慢性炎症があると食物アレルギーを引き起こしやすい可能性が高まる、という報告もあるようですので、口腔内の審査も必ずうけ、さらに口腔衛生維持に努めることも大切です。

しかしながら、上記のアレルギー対策の製品が、治療になったり、予防効果があるわけではないので、勘違いをしてはいけないところです。
単一のもの、または限定した材料を使用して、分かりやすいもので作られている、ということです。
なので、もしかしたらこのようなキャットフードでアレルギー反応を起こす可能性もありますし、その中に入っているものがアレルギーである可能性もあるわけです。

あくまでも、反応を起こさない「だろう」という食材である、ということを忘れてはいけないということです。
また、参考までですが、今までのニュージーランドで行われた結果報告として、食物アレルギー反応が起こりやすい原因のなかには、「牛肉」「コーングルテン」「ラム肉」「小麦」などがあるようです。

アレルギー反応を起こした猫に対して、自分の判断で食事を変えていくというのはとてもリスクが高いものです。
必ず専門の医師に相談し、指示を仰ぐことが大切になります。
こちらにはアレルギーのある猫におすすめのキャットフードが紹介されています。