猫の健康

泌尿器系に敏感な猫用フード

猫は尿結石をはじめとした、下部尿路疾患「F.L.U.T.D」とよばれる泌尿器系のトラブルが多いのですが、それはなぜなのでしょうか?

猫は水分補給が元々苦手です。
それは猫の子孫が砂漠など乾燥地帯に住んでいたヤマネコで、体の水分を無駄なく利用出来るので、尿の濃度が濃くなります。
それが猫下部尿路症候群を引き起こしやすくなるのです。
尿がアルカリ性に偏ると、結石ができやすくなってしまうのです。

さらに水分不足になりがちなのはドライフードのみを与えている場合です。
確かにドライフードは歯の歯垢を取るなどの良いことがある反面、水分含量が非常に少ないため、意識的に水を取らせる必要があるのです。
そうと言っても、缶詰を与えていればいいかというと、それでも水分量は足りません。

水分不足は体の老廃物を外に出せなくなってしまい、結石だけでなくさらに悪化してしまた場合は、尿毒症という、尿を排泄できなくなってしまうという病気を併発してしまう可能性もあります。
それを防ぐためには、上記にも触れたとおり、水分をこまめにしっかりととらせてあげることが大切です。
普段の生活からその前兆を見極めることもできます。

いつもはきちんとトイレでしていた排尿を、他の場所でしてしまった。
トイレにいったにもかかわらず、結局排尿をせずに出てきてしまったなどです。
これらの場合、病気以外でも原因があるかもしれませんので、もしいつもとは違う他の場所で排尿をしてしまった場合、しかる前に幾つか思い当たる節がないか、考えていただければと思います。

例えばトイレの場所を変えた、引越しをした、いつもと違う猫砂を使った、トイレが清潔でないなど、猫は繊細であり、とても気にするので、そのようなことでもいつもと違う場所にしてしまう場合などもあるようです。
しかしそう言った原因も特になく、さらに尿をしたあとの色がいつもと違って赤みがかっているなど、それらがあった場合は専門家の診察を受けるようにした方がいいでしょう。
下部尿路症候群だけでなく、その他の病気が発生しているかもしれません。
重症になる前に病院へと行った方がもちろん治りも早いのです。

水分補給以外にフードでも、それらを予防するようなものも発売されています。
タンパク質と、ミネラル量を減らしたフードや、結石を作りやすいアルカリ性になるのを避けるために、尿がやや酸性になるようなものも発売されています。
一般的なキャットフードの種類がhttp://www.catmobilerecords.com/syu.htmlのサイトで紹介されています。
是非こちらもご覧ください。

さらに病気になってしまった猫には、病院から処方されるフードもあります。
症状が落ち着いてきたら、市販で売られているものでも対応ができるようになるそうです。
気をつけたいのは、猫のトイレの様子をこまめに確認すること、常に清潔にしてあげる、ということが最低条件となるのではないでしょうか。
http://www.nationalpretzelday.com/ko.htmlでは子猫の尿を弱酸性に保つように栄養バランスが調整され散るタイプのキャットフードが紹介されています。