猫の健康

長毛の猫用フード

猫にはさまざまな種類がいますが、その中でも注意をしたいのは、長い毛を持つ猫達です。
長時間の毛づくろいや、その長い毛によって増えてしまう「ヘアボール」というものができやすいのです。

飼い主がまず気をつけることができる方法として、丁寧なブラッシングです。
特に毛玉ができやすいのは、細くて柔らかい毛が集まり、歩くことによって擦れ合ってしまう事で出来やすい、手足の付け根です。
もしも毛玉ができていることに気づいたら、その毛玉をすぐに取り除くようにした方がいいでしょう。

といいますのも、少し毛が絡まってしまったという程度であれば、丁寧にブラッシングをやさしく行うことでほぐすことができます。
しかしそれが大きく複雑になってしまい、ブラシだけではどうしようもなくなってしまったら、その毛先を切ってしまわなければならなくなってしまいます。
この時皮膚を切らないように慎重に行ってください。
一度にとってしまおうと思わず、少しずつ毛先の方から切るつもりで徐々に行った方がいいでしょう。

しかし、どれだけ丁寧にブラッシングしても、毛を飲み込んでしまうことも多く、ヘアボールができてしまうということもあります。
そんな猫の為のフードが、長毛猫用のフードや、ヘアボールケアのフードというものもあります。
それと同時に水分を多く取らせることも必要です。
便秘がちになってしまいますし、ほうっておけば毛玉症になってしまいます。

毛玉症は、毛玉が胃の中で停滞し、胃粘膜を刺激してしまったり、胃から小腸への出口をふさいだりしてしまうことで起こります。
原因は毛の飲み込む量が多いということや、長毛猫以外にも、加齢や病気などの原因で飲み込んだ毛をすんなり排泄できなくなってしまった場合に起こります。

長毛の猫であれば、たとえば長毛猫用のフードをあげることで、ヘアボールの排出をサポートする為のものが配合されています。
その中には豊富な食物繊維や、オオバコの種子や種皮を配合し、ヘアボールに対して強化しているもの、それだけでなく美しい毛艶を維持する為の栄養素を調整しているものもあります。

また室内で飼うことも多いかと思いますので、運動不足による、やわらかく匂いの強い糞便を軽減する為の、高消化性タンパクを使用しているような商品もありますので、このようなものを利用するのも効果的です。